プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

05月30日(木)

解体~なんか 切ないものですね~

いよいよ 実家の建て替えが 始まりました。

リフォームの匠 なのに 新築??
そんな言われそうですね。

新しいHPの表紙にした
わたくしの 思い出の 縁側 心象風景
コピー ~ 20121207150732_00001
懐かしいこの平屋の日本家屋は
35年前に取り壊してしまいました。
とにかく 大好きな家でした。
あの窓台から出入りをして、縄跳びをした、思い出。
柿の木にくくりつけられた
タイヤの ブランコ

祖父が亡くなり、相続で、急いで取り壊し
今の家は、三分割した、真ん中に、とにかく急いで建てた家。
ごたごたの中、
昔の家の 「欄間」を取っておくことくらいしか出来ませんでした。

今の家、
間取りは当たり前のように工務店さんのいうとおり
カーペットやクロスを選ぶ作業も、
ほんの2~3のカタログの中から選ぶ・・・

そんなかんじでした。

昔の家や祖父に 思い入れがありすぎて、
もうどうでもいいや~
当時そんな思いも、あったかもしれません。

今回、まずはリフォームを検討しましたが
地盤の問題、土地のこと・・などなどありで

心機一転
新築して、100年住める家を作る!ことにしました。

昔の家の「欄間」もやっと、特等席の
素敵な位置におさまります。
おじいちゃんの好きだった欄間です。
ライトアップしちゃおうかな~。

今度の 家の設計の イチオシが
「空中縁側」
そこに、でででんと 思い出の欄間が納まります。うふ。

しかしながら、それほど愛着がないと思っていた いまのこの家ですが、
考えてみれば、大学時代過ごした部屋。
そして、子供たちも小学生になってから
またこの家で、父母と7人で暮らした家。

愛着ないわけ ありませんでした。

解体 って、なぜかこんなにも 切ないものなんですね。。
コピー ~ 新規 110