プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月24日(月)

うちエコフォーラム 開催

うちエコ診断制度(環境省)ごぞんじでしょうか?
25年度は試行年度の最終年
いよいよ 26年4月から、本格始動になります。

去年の4月に、うちエコ診断制度のことを 
現在オブザーバーの栗山先生に教えていただき
JAFICA(日本フリーランスインテリアコーディネーター協会) に
研究会を立ち上げ、取り組んでまいりました。

いまでは、25年度うちエコ診断員が7名
ICだからこその、美しい エコ を目指して
研究、活動しています!

現在のメンバーは
「ICが うちエコ診断に取り組むよ~」
の情報に、ぱぱぱ~と手を挙げてくださった
感度のいい IC 仲間です。

3月20日、雨の降る 連休前の 夕方から
この約1年の成果報告を兼ねて
JAFICA うちエコ フォーラム 開催しました!

ありがたいことに 大盛況
ご出席のみなさま、本当にありがとうございました。

環境省、インテリア産業協会 さまからも ご出席を頂き
まさに アカデミック!

まずは 環境省の Mさまから 家庭エコ診断制度に関して 
ご説明していただきました。
DSCN2535.jpg
そしてパネルディスカッション
DSCN2543.jpg
オブザーバーの栗山先生、インテリア産業協会のYさま、環境省の Mさま
当研究会のうちエコ診断員でICの 中山さん、同じく鈴木さん
中山さんは 現在も活躍中のICですが、うちエコ診断の 成果など
鈴木さんは、小さい子供がいる若い家庭の エコの取り組みなど
それぞれの立場から、興味深いお話しをいただきました。
DSCN2559.jpg
次のコーナーでは
実際のうちエコ診断をみていただきました
これも うちのうちエコ診断員、斎藤さん、冨田さん
斎藤さんは 主婦の役をばっちりこなし
見事な 女優っぷり
冨田さんの 診断も ソフトを大胆に自由自在に使いこなし
大変評判良かったですね!
DSCN2610.jpg
インテリア産業協会の Yさまからも
ICだからこその 美しい エコの 提案を目指して
うちエコ診断士になりましょう!
など、激励のお言葉をいただきました!

ほんと、ICって 認知度があまりないのですが
これからは、エコを 武器に
美しい デザイナーズ エコライフを
世の中に どんどん 提案して 
素敵なくらしを実現していきたいものです!

ということで、
みなさま~おつかれさま~
DSCN2636.jpg
おねえさまに 注がれたお酒は より一層 おいしいね!

一昔前は、インテリアコーディネーターのことを
インテリア工事ねえちゃん と呼ばれたものですが
もう、いまでは 懐かしいフレーズネ!
DSCN2643.jpg

このようすが、IBN(インテリアビジネスニュース)に掲載されました!
ありがとうございます。
みてみて
【いいね!】おしましょ~
IBNニュース

2014年3月22日配信
JAFICA 「うちエコフォーラム2014」開催

日本フリーランスインテリアコーディネーター協会(JAFICA)は、3月20日(木)、(公社)インテリア産業協会会議室において、「うちエコフォーラム2014」を開催した。
JAFICAはこれまで、環境省が平成26年度の事業化を目指す「家庭エコ(うちエコ)診断制度」の民間試行団体としてインテリア業界で唯一活動を行ってきた。「家庭エコ診断制度」とは、認定された「うちエコ診断士」が、各家庭のエネルギー使用量を、家族構成から家電、給湯設備の機種や使用状況などの情報をもとに、専用ソフト「エコ診断ソフト」を用いて「見える化」し、具体的な省CO2・省エネ対策を提案するもの。環境省はこれにより「家庭部門」のCO2削減を進めていく考え。それに対してJAFICAは、この「うちエコ診断」について、インテリアコーディネーターだからこそできる「美しいエコ」をテーマに研究を重ねてきた。今回の「うちエコフォーラム2014」はその取り組み状況を報告するというものとなった。

フォーラムでは、まず環境省地球環境局地球温暖化対策課課長補佐の増田大美氏が、うちエコ診断制度について、CO2削減問題を取り巻く国際情勢の解説や日本のCO2削減の実態を紹介しながら必要性を解説、その後は、JAFICAエコ研究会代表の江口恵津子氏がMCを務め、増田氏の他、インテリア産業協会専務理事の山本洋二氏、JAFICAうちエコ研究会オブザーバーの栗山正也氏、JAFICAうちエコ研究会平成25年度エコ診断員各氏によるパネルディスカッションが行われた。ここでは「うちエコ診断制度」をICとしてうまく活用し存在感を示すべきとの意見が聞かれた。さらに「うちエコ診断 LIVE」として、実際に専用ソフト「エコ診断ソフト」を用いたロールプレイングも実施された。
なお現状の「家庭エコ診断制度」は、家電や住宅設備、照明関連といったハード面での省エネが中心で、インテリア関連の要素が少ないことから、フォーラム参加者からはインテリアの観点にも注目してもらいたいたとの声も聞かれた。
「うちエコ診断」公式サイト
http://www.uchieco-shindan.go.jp/
JAFICAのホームページ
http://www.jafica.org/
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。