プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11月30日(月)

コンテスト表彰~NIF~

突然「朝日新聞茨城支局」から電話があり
ワクワク。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。 
ドキドキ |緊張|ョ゚Д゚;))))ドキドキ

交差する思いで 電話に出てみますと
「NIF 日本インテリアファブリックス協会 主催の 
コンテスト2015審査 最優秀賞の作品についてコメントを 」
という内容でした。

トリアエズホッとしました。
なんでも NIF事務局に電話したら
特別審査委員の江口さんが絶賛してたので、、、、ということで
江口を紹介してくださったとの経緯。

ありがとうございます!
またまた ふか~い薀蓄を語らせていただきました!

そうなんです。

今年審査員をさせていただきましたが
上位3点が激戦でした。
審査委員の中でも評価が分かれたわけですが
私は兎に角 この作品に心を奪われました。
まさに、私にとっては、(羽生選手のように) 別格でした。

コンテストのお題は

「インテリアエッセンス“Chic&Now”
-本当に大切なモノがここにある-」


そして最優秀賞の 茨城大学教育学部のチーム

伝統文化を継承する可変の間
-「粋」な伝統を「今」に活かして「人とつながる」-

image1 - コピー

image1.jpg

何が良いかというと、
この作品にはおだやかな心がある。
講評で「地味」と言ってしまいましたが
すみません。良い意味での地味さです。
華美にならず、本質を見出し、柔らかく伝えている。
色遣い、配置など、目立たぬところで
技術はしっかりしています。
アイデアも、課題をクリアーしながら
日本国内に留まらず、世界にも目を見開き
日本の良さを伝えている、

コンセプトはこのコンテスト、NIF主催のJAPANTEXそのものだと感じました。

いま我々が忘れてしまっている 人との繋がり

たとえばどうでしょう?
電車に乗れば、前の席7人ともみなスマホ・アイパット
イヤホーンまでつけて、自分の世界に没頭。
人との繋がり? いま誰と繋がっているのでしょうか?

素敵なレストランに行けば
シニア夫婦が向かい合って
食事を写真に撮り、フェイスブックに投稿?
一言も交わさず、 食事して そして 帰る光景。

阿藤快さんだったら
なんだかなぁ~といわれたでしょうか?

もう一つ、さりげなく、2011の大震災のことにも触れていました。
あの頃は、絆、家族の繋がりなど、
多くの言葉があふれましたが
2015年のいま、わずかにこの作品だけは
震災のことにも触れていました。

冒頭の 羽生選手
別格の演技の中に
「花~は はぁ~なは 花は咲くぅ~」 も
ちゃんと組み込んでくれてました。

やっぱり 別格です。
しっかりした想いと技術は、伝わります。

審査の時はもちろん作者はわかりませんが
審査終了後、茨城大学教育学部のチームと聞き
物凄く納得したのと、嬉しかったのと。

パーティーで少しお話させていただきましたが
まっすぐなよき若者でございました。
日本の未来はまだまだ大丈夫。



スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。