FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

07月22日(木)

地球温暖化の懸念~スターウォーズに学ぶ~

BSで、スターウォーズ 一気見 今日は 最終日エピソード6 です。
毎日20時から、正座して見ること 6日目。
放映順に 見るのとまた違って 感動深し。

ダースベイダーが なんと 切ないのでしょうか?

さて、それにしても 暑い日が 続きます。
今日は 東京35℃ とか・・・

なかったよね~こんな気温 昔。
ここ半世紀で、確実に 気温上昇は加速していること
体感します。


いま 住んでいる自分たちが 地球に対して 何も しなくて
よいのでしょうか?

まさに 「人為的なものに起因する 気候の変動」
地球温暖化 の 急変化。

気候はもちろん、ゲリラ雷雨、サンゴ、ブナ、砂漠化 等への影響
目に見える影響が どんどん顕著化されています。
こんなに してしまったのは、まさに わたしたちです。

何よりも 温室効果ガス の排出量を
削減しないとなりません。

1997年に京都で開催された 京都議定書 当時 6%目標を掲げた日本。
引っ張っていくはずが、
トップが ころころ変わり、、、、目標値を達成できず。

日本の 産業界では CO2排出量の 3分の1 が 
我が 建築関連分野 からの 排出です。
しかし その中で、企業努力は たいしたもので、横ばいを キープ。
対して、住宅からの 排出量は 依然 右肩上がり の 状況。

日本の 省エネや 燃料電池 太陽光発電 等 技術は 凄いものがあります。
弊社 新築のお客様 エネファーム 入れて いただきます。

ここで ご提案です。

①まずは 自分たちが できるところから 実践してみましょう 
省エネ、創エネ、蓄エネ

②次に わたしたちの 地球のことを 考えましょう
政策による 後押し
CO2 削減目標達成
国際協力 排出権取引 などなど

いま 早急に 人類が持つ 緩和策を組み合わせれば 
温室効果ガスを抑制するのは 経済的に 可能だろうと 言われています。
この 20~30年が 勝負です。
(スターン報告)

地球全体で 考えないと
この 美しい地球は 急激に 変わってしまいます。

本当に 冗談ではなくて
地球のなかでの 議論を 急ぎ 固めないと
ダースベーダーに
侵略 されてしまいます。

ps
ですけど、わたしは ダースベーダーが 大好きです。
May the force be with you !
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

そう1話からの一気通貫は

…楽しいね。
録画もしてせっせとDVDに焼いてます。

①としては、ウチは後付けで先月、太陽光発電&オール電化に
してみました。今月から正式に発電開始してます。

②的な行動は個人では難しいかもしれないけど
ナショナルトラストなんかに参加するのはどうだろう。
森林一口オーナーとか、立ち木オーナーとかさ。
「らくらく”宅配”買取&エコ募金」なんてのもあるしさ。
中国やインド、旧ソ連の国々やアフリカ、中南米などの
経済発展を抑制することは難しいし、その権利もない
だろうけど、それに伴う都市化や砂漠化はどうしたもんかねぇ。
少なくとも自分達は木を植えることに参加したいかな。

今日はニュースでブラジルに大量のペンギンの死骸が
流れ着いているというのがあったけど、動植物は1年に
4万種も絶滅しているといわれてるしなぁ。

フォースの力を結集する時ですな。

 

katchin さま

おう!カッチンさま
お久しぶりです。ほんとに暑いですねえ。
ナショナルトラスト いいかもですねv-22
スーターウォーズ など 見てると スケール大きくて
おいおい 地球は どうするのねん・・って焦ってしまいます。

それにしても、僅か5日前、(一気通貫初日)
あんなにかわいかったアナキン スカイウォーカー
人生って 刹那です。
ダースベーダーに、心が揺れるのだ。


 

激突もアメリカングラフィティも好き

ダースベイダーは確かにいいけど
カッコ良すぎ。
ハン・ソロ&チューバッカが好きかな。
子どものアナキンとパドメもいいんだけど
青年のアナキンが今一だよなー。
そういう役所だけどさ。

ナショナルトラスト、いいんだけど
も一つ何か物足りなさを感じてしまう。
身近さ、かな。
例えば知ってる森林の知ってるこの部分とか、
知ってるアノ人の山のアノ森や棚田を守るとか、
あの島のこの海岸とかさ。

うちらは喜多方の酒造りのついでに
田圃の整備や水路の掃除なんかも
やることあるけど、その人らの作物を
ご馳走になったりすると、物をもらったから
じゃなくて、こう 回ってるって感じがする、
かなぁ。

太陽光発電パネルは是非性能のいい
サンテックパワーをお使い下さい。

また呑みいこうぜ