FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

09月17日(金)

時空を超えるリノベーション~納まりのよさ~

ふるきを 活かし、最新設備を整える
エコ型 未来住宅の リンベーション。ING。

サッシの 確認です。
もう、発注しないと 間に合わないので、最終確認。

立派な 日本家屋 なので、もれなく窓にも 立派な庇や 軒が ついています。
今回、電動シャッターをご希望ですので、
その、シャッターボックスと、外観との 取り合いが
大変 難しいのです。
コピー ~ P1090258
特に、庭に面した 4間もの 開口部分。
廊下部分の天井を残しますので、
内部から みると 廊下の天井と、軒天井が
繋がって 見える いと 美しいもの。
P1090297.jpg
若干 分かりづらいですね。
7~8mの丸太を 梁にしています。
この、繋がり感を活かす いい方法は ないかと
電動雨戸横引きのシャッターも検討しましたが、
丸太の 凹凸の問題もあり、
トステム、電動シャッターアリーズ に決めました。
ぱたぱたと、シャッターが開いて、
閉めたままでも 通風可能な、すぐれもの。
シャッターボックスも、それほど目立たないでしょう、ということで
一件落着。
集中コントロールで、一気に開け閉め可能です

やはり 代代繋いできたものは 美しい。
リフォームの 力で その良さを より際立たせるためには、何が必要か。

「とりあい」 「納まり」 これに尽きるのでは ないでしょうか?
昔懐かしい ものと、新しい性能のよい もの。
ひと もの こと 
その すべての 納まりの良さが、
主張しすぎない、落ち着いたデザインの 住空間を 
生み出すのだと思います。

安心できる、安全な、環境に優しい、
居心地の良い 癒しの 場所。
そのためには、デティールまで 配慮しながら
決して 目立たない ことが 重要であると 最近思います。

頑張ってまいります。
現場のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment