FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

03月14日(月)

大地震

金曜日大変な地震がありました。
映像を見るたび、切ない想いです。
被災された皆様の 安全と
行方不明の方々の 一刻も早い救助を こころよりお祈りいたします。

セミナーでお世話になっておりますパナホーム北関東の福島支部の皆様
素敵なデザイン畳でいつもお世話になっている仙台の オリザさま
だいじょうぶでしょうか?

どうかみなさま ご無事でありますように。

こちら東京も今朝からの計画節電で
電車は混乱です。
本日は実家からの出勤ですが、
やっとこ渋谷に出てみたものの
動いてる地下鉄が、みな、改札口で規制され、
ホームにも入れないまま長蛇の列。
改札規制のない、山手線で、ぐるり秋葉原まできて
そこから、歩きました。
気がつくと、女子の靴に変化があり。
スニーカーが目立ち、ヒールの方はほとんど見受けませんでした。
【これからは、いよいよ自転車の時代ですね!】

昨夜の 首相のメッセージも立派でした。
ただ、海外からの有難い援助への感謝の気持ちも
述べてほしかったと思います。

さて、11日の地震の時、わたくしどもは都内の現場で
15時からの定例会の前でした。

わたしは、現場まであと数メートルの路地裏を歩いておりました。
住宅の ベランダが やけにばたばたいうので
「急に 風が強くなったのかな?」と思っていたら
あっという間に 電信柱が揺れ、地面が 揺らぎ
駐車場の車は スキップをするように はね出します。

この路地にいたら 危ない!
と、現場の前の 少し広い道を目指し 
揺れる大地を走りました。

現場前には、近所の人も出てきており、
みな不安そうにしています。
中からも ヘルメットをかぶり、職人さんたちが 出てきました。

情報は早く、宮城沖の震源、大津波警報、シオドメビル炎上・・
大津波で 車が いとも簡単に流される映像も
現場監督の携帯から 見れました。
大変なことになってる・・・

その後の余震も続き
重要な打ち合わせを優先し、
早めに みな帰宅を目指しました。

私と永吉は、ヘルメットを持って
歩いて1時間半で 事務所に到着。
ラッキーな方です。

まだその時はそんなに多くの情報はなかったわけですが
大変なことが起こっている・・・
そんな共通概念がありました。

暗くなる甲州街道、靖国通り、
延々と渋滞する車は ぎっしりと繋がり。
その横の歩道を、一糸乱れず
ひたすら帰宅の途につく サラリーマンの群れ。

それがあまりに静かで整然と秩序立っていて
なんか言葉は変ですが
ひとつの 鎮魂の 儀式のような気がしました。

週開けて 月曜日
ショールームや建材やさんなどから ひっきりなしのお知らせが。
休館や、建材の品薄情報など など・・・・
本日の 日本家屋再生のお客様のお引き渡しも
延期となりました。

わたしたち世代は、先代の方々のたくさんの努力の甲斐もあり
平和を享受して 生きてきました。
この平和な日本は 次代に必ず 繋げなければいけません。

電力の 計画節電など 頑張って乗りきれます。
人間としての生き方について もう一度しっかりと考え
何をするべきか どうやって繋げるべきか 再考して行動する。
いまこそ、が、その時、なのかとおもいます。

子供たちが 安心して 子供を産めるように
美しい日本を 次代に繋ぐことが 
私達世代の 重要な 仕事であると 思います。

5月のセミナー・ブログ
愛しのオリザ様・ブログ
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment