FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

03月22日(火)

京都~ブッダの言葉~

お彼岸の 三連休が 明けて
仕事初日。
お客様と、TOTO と クリナップの ショールームへ。
TOTOは 千葉に工場があり
クリナップは いわきにあり。
今後の予定が なかなか立てられない、本当に 未曾有の 大災害が
ひしひしと 身近に感じられます。

このお彼岸の休みは、未曾有の 大災害の あと、初めての連休でした。
去年はゴールデンウイークに行きましたが、
 姉のお墓参り・ブログ を兼ねて この三連休、娘たちと京都に行ってきました。

余震と、被災地の方々の切ない映像と、原発の先のわからぬ不安と、計画停電の薄暗さと・・・
不安定なこころのまま、京都へ。
どこでも 籠城できるように
リュックには、非常食、乾電池、携帯ラジオ付きライト、マスク、スニーカー、レインコート・・・

京都は 観光客と避難民と思われる方々で、ごった返し。
僅か数時間で、
こんなにも違う世界が存在する。
感覚的な温度差が まるで違いました。

明るい夜って 嬉しい。
揺れない大地って なんて安心なの?。
何気ない 日常って どんなに 素敵なことなのでしょうか・・・ 

翌日、私達は、姪っ子も合流して、
知恩院さんのお山の もうひとつ上にある、
姉のお墓参りに 行きました。

去年のブログにも書きましたが、
その先に、私の発見した(自分ではそのようにおもうております)、癒しのスポット
法垂洞(ほうたるのいわや) があります。
4年前、見つけました。
その頃は鬱蒼としていた この洞窟も
今では、ボランティアで管理してくれている おじさんがいて
とても綺麗になっておりました。
おじさんは 超 お話し好き
P1010565.jpg
法然上人が 浄土念仏を 唱え始めた 最初の場所だそうです。

私が見つけた当時は、このレリーフも 見えないくらい 鬱蒼とした空間で
奥の 洞窟に 仏像さまが おいでになるの、わからなかったくらい。

不思議なほど こころが 安らぐ 空間です。

この 未曾有の 大災害。
ある本を 薦められました。
「超訳 ブッダの言葉」
P1010625.jpg
手塚治虫さんの 「ブッダ」は わたくしの愛読書です。
この本も 同じ目線で描かれているような 気がします。
政治に 利用される 宗教ではなく
2500年前に 生きた一人の人間としての ブッダ先生からの
シンプルな 凛とした こころのメッセージ。

いまこのときに 読みたい本です。
P1010624.jpg
超訳 ブッダの言葉
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment