FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

10月18日(火)

南極大陸 ~ゆめ ・ あきらめない~

一日遅れで、南極大陸 みました。

視聴率22,2%というから、すごいお化け番組ですよね!

冒頭のナレーションで
「いまから 56年前。。。。」
むむむ・・・ふと、我に帰ります。

すごい前の物語のようですが、
実は、わたしの生まれる、ごくごく ちょっと前の出来事じゃん。

赤ちゃんおんぶして、ひたひた 走ってくる はるおくん。
【そうそう、このおんぶされてる赤ちゃんが
多分 わたくしめと 同学年くらいだわ~  】
かれの いがぐり頭が 登場するたんびに
不覚にも 涙が ごっそりと 流れました。

むかしの 子供って、ほんとあんな感じだったと思う。
純粋で、泥だらけで、みんなで 意味なく走って
あおっぱな ずるずるしてて。。。

子供たちの 子供に、夢を 与えたい・・・

たしか キムタクが そう言ってたけど、
 いまの時代に ダブらせての セリフなんでしょうね。

この手の 番組は、最近の加齢とともに
ティッシュ片手に おいおいしながら
感無量で 見るのが 予想されるのですが。

すみません。
やっぱり キムタクの 言葉に
ぐ~と 引いてしまうのです。
最後の、出航の マイクでの 演説などは
どうでせう??・・・・・

京大の 香川先生に 締めくくってもらいたかったりして。

不思議なものですね。
ちょっとしたことで
ふと我にかえってしまう。

感動のシーンで流れる 音楽も
「仁」にすごく似ているので
さきさま に、みえてしまったりする。

とはいえ、全編に渡る ゆめ あきらめない という ことば。

夢を 持ち続ける
夢を 諦めない
泥臭くても 
その夢に しがみついて、
いくつになっても
こんなふうに なりたい 想いを 
しぶとく 持ち続ける。

改めまして、思いました。
そんな ひとに 私は なりたい。

なんだかえらそうなつぶやきになりました。
申し訳ないです。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment