FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

11月03日(木)

コンサートと 相談会とセミナー

文化の日の 3日
TOTO横浜ランドマーク ショールーム で
パナホーム 主催の
相談会と、セミナーへ。
一回目の ご相談は、二世帯同居の リノベーション。

震災以来、家族の 絆 が 見直されています。
完全に 分けなくても、
いい塩梅の 距離を置きながら
プライベートを守る プランニング。
設備機器の 進歩も あいまって、
二世帯同居は 
非常によい、人世の選択であると思います。

さて、セミナーでお話したあと
ダッシュで、移動 

楽しみにしていた、
東京ガス ミュージアム での
ガスライト オータム コンサート へ。
武蔵小金井 の駅で、娘たちと 合流。
そこからタクシーで、暮れなずむ 東京ガスミュージアムへ。
ガス灯の 灯りが ちらちら ゆれています。

100年の 歴史を誇る、レンガ造りの 建物の中
日本フィルハーモニー 交響楽団の
メンバーの
弦楽四重奏
トロンボーン
バリトンの 吉川 健一さん

いつもは、展示スペースの 1階に
コンサート会場が、出現していました。
P1040017.jpg
そして、わたしたちの席は
かぶりつきの いちばんまえ

弦楽の 奏でる 優雅な 調べ
トロンボーン演奏も 初めての 至近距離
バリトンは、まさに 人が 楽器なのですね~。

空気が 震えて いること
その 震えの 波が すっぽり
からだの なかに 入っていく・・・・
そんな 感覚でした。

バリトンの吉川さんが
「点消方 てんしょうかた」に扮して
お話を進めていく 東京ガスミュージアムオリジナルな 脚本。
粋な ハッピが バッチリでしたね。

でも 一番 ばっちりだったのは
柴田 館長の ガスライト おじさん??
手づくりの 帽子と 衣装が 相当 似合ってました

ガス花 に 点火していただいた時
「お~」と言うざわめき ありましたもの。ね。

満たされて、外に出ると
ガス灯の 灯りが ゆらゆら ゆれてる

音楽の ふるえと 灯の ゆらぎと

まさに 文化の 秋でしたね。

生活の中心に
灯りがある
音楽がある
(プログラムより)
P1040020.jpg


 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment