FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

02月11日(土)

施工事例 一挙にふたつ アップしました

トップページの施工事例 一挙にふたつ アップしました!

グループホームの 思い出は
高尾が ブログに 熱く語っております。
高尾さん、さすがです
グループホーム 総括ブログ

もう一軒、都内の現場、
二世帯住宅の 大きな現場でした。

現場の 螺旋階段は カツデンアーキテック さんのもの。
2月のカレンダーにしていただいています。
P1050109.jpg
ふむふむ・・うちのが一番 いいかんじだわん

思い起こせば この 二つ
3月11日と切ってはきれない思い出があります。

3月11日、午前
グループホームのオーナー様と事務所で打ち合わせ。
その後、神保町で「これから頑張りましょう」ランチしました。

3月11日、15時定例会
都内二世帯現場の 15時からの定例会に向かうため、
まさに、すぐそばの 路地を歩いていた時の
地震でした。

左側の家のベランダが、なにやら、がたがたびしびし いってるので
突風か!と思いきや、
電線が ぶらんぶら揺れ、右手の路上の駐車場の車は
スキップするみたいに とびはねている。

この路地を 脱出しなくちゃ!

うねる大地を、それこそ、欽チャン走り みたいに
飛んで現場前の 大きな通りに出ました。

ぞくぞく人が家から出てきて、
もうその時既に、津浪警報、
それと シオドメビル炎上 などなど 情報が入ってきました。

でも みな変な状態でした。

とりあえず、スケルトンの現場で、用意してあったテーブルにつき
余震の ぐらぐらの中
ヘルメットをかぶりながら
なんとなく 30分くらいでしょうか?
みな こころここにあらずで、報告をしあい・・・・

ふっと気づいて
「今日は早めに切り上げましょう。
気をつけて・・・」

三々五々、帰って行きました。
みな、(今思えば)変な心の状態でした)

永吉と、暮れなずむ都心の道を 事務所に向かって歩き続け、
大渋滞の中、アイパット片手に、ヘルメットかぶり
ひたすらひたすら
事務所にむかって歩きました。

どんな状況か 把握できぬまま
それでも 整然と歩く人々。

いま、もうすぐ1年がたとうとしています。

ご縁があり、石巻の呉服屋さん「京屋さん」の
店舗リフォームもさせていただけることになりました。

この一年、本当に皆様の お陰さまで、
頑張って続けていくことがで来ました。

思い出多いこの二つの事例を無事アップさせていただいたことは
お客様、施工の方々、スタッフみんなのお陰さまと、
本当に感謝の思いでいっぱいです。

さあ、これから、第一回目のプレゼンに出かけます。
どうか 喜んでいただけますように。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment