FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

02月07日(日)

藍と紫の同居~カラーセッション2007

名古屋モザイクさんの 2010の 新作カタログに
掲載していただいてる 施工例。
名古屋モザイクカタログ522ページ 床材 ラクイタリアーナは
「カラーセッション2007」というイベントで
インテリア産業協会から 依頼を受け、
空間演出した 作品です。

「カラーセッション」とは ビックサイトで開催された
カラーを キーワードにして、異業種が 展示 交流する新しいイベントでした。
インテリア産業協会からの、お題が、
白・ポップ・ダーク・・3つの住空間をコーディネートしましょう でありまして
3人のIC(インテリアコーディネーターの略称・・かっこいいでしょう)が
それぞれ 空間展示をしました。

わたくしは ダークな空間を 担当しました。
常々、
日本の伝統色の藍色~紫の グラデーションで、
住空間を コーディネートしたい!と思っていましたので、
超ラッキーなお仕事に感謝して 
トライアル致しました。

コンセプト
「藍と紫の同居~妙に懐かしい 艶めかしい場所~」
豊かな 色 と書いて
「艶めかしい」・・・なまめかしい
「艶やか」・・・あでやか・・・つややか・・

まさに 大人の 癒される 色っぽい 艶やかな空間ができました。

この展示会の翌日
わたくしは 世界一のインテリアのお祭り
イタリア 「ミラノサローネ」へ、わくわくどきどき飛んで行きました。

に染まった わたくしの脳みそには
 世界の インテリアの最先端の流れが
まさに、藍色~紫であると 強烈に 焼きつけられ
以下のこと  強く確信した、経験でした。

日本の、伝統色の 艶やかさは 類を見ない美しさであります

妙に懐かしい艶めかしい場所(弊社施工事例)
カラーセッション
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

素敵な空間でした

見ていてため息ばかり出てしまう本当に素敵な空間でしたね。障子の向こうの柔らかな光もまた印象に残りました。以前「紫が好き」と友人に話したら「欲求不満の色だ」といわれてしまいましたが、高貴な色なんですよね?

 

Amethyst さまへ

そうなんです。紫は 高貴な色です。
私も大好きで、気がついたら、身の回りには 紫が たくさんあります。「欲求不満の色」ではないことを祈ります。
障子越しのやわらかな光、これは不可能と言われた茶色や紫を 創出した LED照明です。
この「アルファーレッズ」に関しては、書くことが多すぎて、今度ゆっくりと 思いのたけをつづるつもりです。カテゴリー増やさないとv-290