FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

11月30日(月)

ソロモン流で編集カットされてしまったお話

はじめまして。ヴェルディッシモ 代表の 江口惠津子です。
少々 もとい かなり とう はたってはおりますが
遅咲きのブログデビュー、よろしくお願いします

昨年初夏にテレビ東京系「ソロモン流」に出させていただきました。
中でロングインタビューというのがあり、
まさに生い立ちから今まで、超長期に渡り熱弁をふるったわけです。
ただ編集上の都合・・であえなくカットされたこと
今日はお話させてくださいね。

プロフィール等では、
子育て一段落して、仕事を始め・・・云々ですが
実際はと言えば・・・
大学4年の3月に卒業、翌月4月に長男出産、
その後バタバタと二人の娘の子育て。
日常生活に精一杯で、
社会に出て仕事がしたいというかつての夢自体
疲れ、忘れていた自分でした。

そんなころ、バルセロナオリンピック前年、1991年
とある 日常の 昼下がり。
子供たちがごちゃごちゃするリビングで、
洗濯物をたたんでいたわたくし。

偶然流れる 点けっぱなしのテレビ番組に 
目がとまり、釘付けになり
最後は、正座して見ておりました。

世界で活躍する日本人を追っていくドキュメンタリー
「住めば地球」という番組。
その回は、今では、サグラダファミリアの主任建築家でいらっしゃいます
若き「外尾悦郎」さんでした。

内容は、というと
ヨーロッパ研修旅行の最初の訪問地、スペイン
ガウディーのサグラダファミリアに来て
「自分はここで石を削らなければならない、
自分には石が足りない」
そう確信し、すべての予定をキャンセルして
ここで働くことを、偉い建築家の方々に直談判した、
というのです。
日本語しか出来ないのに?という問いに
「本気の想いをこぶしに入れて、相手の耳に突っ込んだ」
多分、そんな感じのことをおっしゃっていました。

魂が震えました。

わたし、何も資格もないし、
小さい子供が3人もぶら下がっているけど、
でもまだなにかできるかもしれない。
そんな勇気を頂いた一瞬でした

アンテナを立てる勇気をいただいたら
その後すぐに、新聞の「資格取得欄」で
インテリアコーディネーターのこと
見つけました。
「生活者としての提案、経験不問」
これだと思いました。

これが今の仕事のきっかけです。
いつか、サグラダファミリアに行って
外尾悦郎さんにお礼が言いたいです。
て言っても、かなり一方的なラブレターですけどね。

おっと・・
ブログは簡潔に!という先輩のアドバイス
しっかり無視してしまった・・・

このあと、「大改造ビフォーアフター」で
驚きの発見
ていうのが続くんですが
それはおいおい・・
お話させてくださいませ。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment