FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

03月03日(月)

文化財に住む~館山 先輩のお宅訪問~

週末、大学バスケのOG会で、
菜の花香る、早春の館山に 行ってきました。

総勢12名
大先輩から 三つ下の後輩まで
時間的に少し余裕が出来た年齢層です。
でも、みなさんさすがの 体力と美しさと・・・
かっこいい先輩方を見ていると、
年を重ねることは、とても素敵なことで
ちっとも こわいことなどないんだ~と
自信を持つことが出来ます。

いろんなスケジュールを組んでいただいた旅行ですが
自分的な、圧巻は
先輩の ご実家を 訪問させていただいたことです。

写真 (16)
国登録有形文化財[建造物)
ご実家が 文化財なのです。すごいです!
もっと凄いのは、現在も住んでいらっしゃるということです!

大正13年 関東大震災直後の完成とのことです。

和様折衷の木造二階建て
なんとも モダンで美しいシンメトリー。
外部はモルタル 洗い出し仕上げ。
重厚感があります。
写真 (17)

玄関の 内側から見ると
欄間の ステンドグラスに 5mmくらいの穴が。
戦争中の 銃弾の跡だそうです。
写真 (21)

内部は、一階は中廊下式のホールがあり
和風の客間、居間、仏間、台所、
洋風の食堂、居間、寝室と、広がります。
まさに 和洋折衷が うまくなじんでいます。
階段の、つやつやした感じ、よくぞこんなにも
きれいに、保存されていると・・・
しかも 生活されている・・
まさに INGの文化財です。
写真 (26)
上の写真↑
床が 大判の コルクです。
壁紙は、もしかしたら・・モリスではないでしょうか???
定かではありませんが。
なんにしても、すごくきれいな状態で
もうかれこれ90年経過しているのです。

和室は、雪見障子が、横開き
ひたすら美しい
写真 (22)

和室はしっとり温かくて、火鉢がありました。
現在の建物は 機密性よくあったかいけど
「ひと肌のぬくもり」
やっぱり火鉢には勝てませんね。
写真 (23)
終戦間際の昭和20年ごろには
海軍将校の 社交場としても使われたそうです。
お母さまのジーンとする語りともに
「20年春」と書かれた 海軍将校の
サイン帳の 巻物も 見せていただきました。
感慨深いです。

本当によきものを見せていただきました。
いいものはずっと繋いでいくことが出来る。
でも、やっぱり、そこに人の愛情がなければ
本物の心を繋ぐことはできないですね。

先輩!すっごいです。
ありがとうございました。

お土産のポピー
少し咲いてきました。
写真 (24)

 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

No Title

素敵な建物ですね