FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月25日(火)

Vol.2 スイス建物(その他ものもの) 探訪

スイス、
DAY 3
グリンデルワルト 出発
ここから スイス日本語観光案内 の
安東所長が 同行してくれます。
グリンデルワルトにもう30年お住まいです。
ほ~んとに心強い。

バスに乗って、グローセシャイデック(1961m)へ
快晴
山小屋ですけど、綺麗です。
大自然に溶け込んでます。
鎧戸 いいですね!
グリンデルワルトは黒い外壁に赤い鎧戸、赤い花が多かったですが
こういうパターンも シンプルでいいですね。
クローゼシャイデック
ここから フィルスト(2168m)まで
いよいよハイキング
ハイキング
フィルストでランチ
天気もいいし、建物も キレイ
おまけに御料理の 美味しそうなこと!
シャイデックランチ
嬉しくて、嬉しくて、
バイキングなので、ついつい取りすぎ。
そして、飲みすぎ・・・・・・
調子に乗りすぎ・・・・・・
こんなに ↓ インテリアも素敵です。
調子に乗るのも仕方ないです。
フィルスト2
そこからが、やはり 地獄でした・・・・・
絶対食べ過ぎ、飲みすぎ。
当たり前だ。
アホのエグチ

近年、これほど辛かったことがあるだろうかの
は~は~ぜ~ぜ~
這うように
ファウルホルン山頂(2686m)に 着きました~
ハウルホルン三兆ヒュッテ
あ~シンド

山小屋ですが、あったかいし、御料理 おいしい。
でも、不肖 江口は、ほとんど食べられず。
ごめんなさい。
リュッテ夕食

たぶんよる7時くらいに寝ております。
ファウルホルン 泊

DAY 4
ファウルホルン 日の出
ファウルホルンからの朝日1
ここのヒュッテは、360度 見渡せる 絶景かな
暗いうちから、から~んころ~んと下から音がしていたと思ったら
牛さんが、もう、こんなとこまで登っておいでです。
朝焼けの 雲海に たつ!うしさん。
なんと凛々しきお姿。
ここのうしは みんなメスなんだそうです。
乳牛ね!
あなたに 敬意を称し
ファウルホルンの 凛ちゃん と 名づけましょう。
ファイルhorn朝のうし
わたしも 元気をいただきます!
ハイキング2

さて、シーニゲプラッテ(2068m)までハイキング開始。
トリカブトの群生。
美しいものにはトゲがある、どころの騒ぎではございませんが
とりあえず 「トリカブトと あ た し 」
トリカブトとわたし
牛歩なんてとんでもない。
ここまで登ってくる牛さんは 偉大です。
「うしさんと あ た し」
うしとわたし
コースタイムを どんどん打ち破る 健脚
ついて行きます、どこまでも
「ガイドの 安東所長と あ た し」
しーにげふらってへ
二日前に電車で通過した、インターラケンの街並みが
綺麗に見渡せます。
ハイキング1
あっ、登山鉄道が見えました。
箱庭みたい。駅は近し!
登山鉄道
シーニゲプラッテの駅
着きました!
シー逃げプラって
電車に乗って、グリンデルワルトへ、戻ります。
なんだか、帰ってきたな~って感じがします。
すでに第二の故郷でしょうか?

グリンデルワルト 泊
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。