FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月25日(火)

Vol.3 スイス建物(その他ものもの) 探訪

DAY 5
グリンデルワルト 出発
ヨーロッパ最長のゴンドラで
グリンデルワルトの村を上から目線。
なんて可愛らしい 村でしょうか?
グリンデルワルト
一気に メンリッヘン山頂(2225m)
途端に、団体旅行と遭遇が多くなる
日頃の行いの賜物jか
快晴
メンリヒュッテ
クライネシャイデックまで 楽しいハイキング。
団体旅行をごぼう抜き!
クライネシャイデックが見えてきます
クライネシャイデック
ここから電車に乗ります
日本のラッシュ並み
みなさん、ぜんぜん整列乗車しないので
乗車の時はほんと、騒然として、怖かった
クライネシャイデック電車
振り返ると、もうこんなに 高度を上げている。
登山鉄道1

次の駅、アイガーグレッシャで降ります。
ここでランチ。ここは相当、穴場のようです
アイガーくれっちゃ
また、飲んでる~
ホワイトビール 美味しいです。さすがドイツ語圏
アイガー北壁が、手に届きそう。
アイガーレストラン
そしていよいよ 有名な アイガートレイルへ GO
アイガートレイル
なんでもこの崖を、2時間28分で登ったスイス人の方 
いらっしゃるそうです。信じられない・・・
アイガートレイル2
ピーカンのアイガートレイル、登山電車の駅の窓が見えます。
アイガートレイル3
どこまでも 続く道
アイガートレイル4
氷河からのゆきどけは、滝になって流れ落ちます。
氷河のたき
さあ終点、アルビグレンの駅、平屋のかわいい レストラン
アルピグレン駅
電車がきました。
歯車かんで、ぐいぐい登ります。
アルビ紅蓮歯車

クライネシャイデックに戻りました。
今日は ここが お宿
クライネシャイデックヒュッテ
立派な山小屋です。青い鎧戸は結構珍しいかも
ヒュッテ2
ベッドは、こんなかんじ。
男女いっしょです。
欧米の女子は、男子がいても ぜんぜん平気そう。たくましい。。
ヒュッテ
そういうわたしもぐっすり夢の中へ。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。