FC2ブログ
 
プロフィール

江口惠津子

Author:江口惠津子


会社公式ページ

子供時代に育った平屋の日本家屋が いまだ 忘れられず・・・

子育て後に、住宅リフォーム・空間リノベーション会社 「ヴェルディッシモ」を立ち上げる。

思い出の詰まった 我が家の再生を 目指します。

心も体も愉しい 「癒しの空間」 は、家庭にあるべきと 思います!

趣味・・・・・・ロードバイク

人生のテーマ・・凛として 生きる

得意技・・・・・瞬間爆睡 zzzz

メールフォーム

お仕事のご依頼は こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

07月08日(木)

地鎮祭~阿佐ヶ谷 新築現場より~

かねてより 御打ち合わせを進めてりまいりました
新築の お客さま。
めでたく 地鎮祭を 迎えることが出来ました。

当初リフォームを とのお話でしたが、
お隣に 土地を購入されて、新築することになりました。

お施主様の奥さまは、わたくしにとって、バスケット部の 後輩であり
それも 女子の独立団体としては非常にレアな
体育会ですので、
お施主様ですが、後輩でもあり。
ときどき 先輩風を吹かしてしまったのではと
深く反省しています。

パナホーム新築部隊の
精鋭の方々と 一緒に 素晴らしいプランが出来ました。
お客様の 全面的な 御理解 御承認を いただけることって、
本当に幸せでございます。
深く深く 感謝いたします。
これからも 一生懸命 頑張りたいと思います。

さて、当日、雨も上がって 準備は整いました。
僅か 2~3日で、草がぼうぼうでしたが
前日に刈り取りをしていただき、綺麗な緑のじゅうたんが引きこめられました。
P1080756.jpg

優しそうな神主さんが 儀式の進め方をご教示してくださいます。
P1080757.jpg

滞りなく 地鎮祭 の儀式は進められていきます。
「鍬入れの儀」で、刈入(かりそめ) をさせていただきました。
「えい えい えい」
三回 鍬をいれます。
IMG_9634.jpg
順番に 玉串も 奉天できました。
P1080769.jpg
工事の無事進工、竣工
土地、建物の 堅固、弥栄 を 祈願いたしまして、
神事は 無事に 終了いたしました。

ここで
「さの神」さまのことをすこし。

高校の修学旅行で、出雲大社にいきました。
そのとき、「10月のことを、一般には 神無月(かんなづき)、と申しますが
ここ、出雲大社では、全国の神様が 会議をしに、この地に集まられるので
10月のことを、この地域だけ 神有月(かみありづき) というんですよ」
という、神官の 説明に ほ~ と感動しました。

そうやって見学していたら、神社の鬼瓦に 文字が 見えます。
「有」
出雲大社 の
一番目立つ所に 有 の文字。
これって くずすと 十月 という字になります。
高校生のわたしにとって 大発見でした!
十月に 神様が 目指して 飛んでこられる 文字が
有 というもじ。
神さまが いらっしゃいます!という字なんですね

それをきっかけに、「さの神」さまのことも いろいろ調べてみました。
いろんな説がありまして、幸の神さま、賽の神さま など
意味もあるようです。

わたしは、「さ」とは (稲の)神さま であると思います。
日本は 農耕民族でしたから。
ですので、神事には 「さ」がつく言葉が多く、
それは、もう言葉の一部になっております。
「さ かき」 漢字で書けば まさに「木へん」に「神」(榊) 
「さ け」 「さ かづき」
「さ くら」も 神さまの 座られるところ という意味もあるようです。

実は、高校のころから わたくしの長女には
「有佐子」(あさこ)と命名したいと思っていましたが
これじゃ 「うさこだよっ」て 義父に却下されてしまいましたので
稲穂の穂 を 1文字頂き
次女は 菜 の文字を 付けました。

日本古来の伝統のもと
いく久しく、神に守られ、素敵な おうちの 誕生まで
もう少し。
今後とも どうぞよろしくお願いいたします。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment